戸籍の取得・調査・取り寄せ、相続人調査等の相続手続きに関するご相談なら
 

相続戸籍相談センター

【運営】東京国際司法書士事務所<JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続の相談受付中!

お気軽にご相談ください

相続に関する相談のみ受付中!

03-6382-6658

なぜ戸籍が必要なのか

銀行や不動産をはじめとする、すべての相続手続きを進める際に、戸籍は絶対に必要です。

戸籍とは、個人の出生から死に至るまでの身分上の重要事項や、親族関係を法的に証明する公的な書面です。

 

まず、亡くなられた方(被相続人)の出生から死亡までの連続した全ての戸籍、そして相続人の現在の戸籍(戸籍謄本)が必要となるのですが、これらの戸籍はいったい何のために、相続手続きで必要となるのでしょうか。

戸籍が必要な理由

第一の理由として、相続人がだれであるかを確定させるためです。

 

亡くなった方の相続人を調べ、それを第三者(主に相続手続きをする銀行や法務局などの機関)に証明するために戸籍を取り寄せます。

 

そもそもなぜ、戸籍で相続人を調べることができるのかと言うと、日本人の場合、生まれると同時に必ず戸籍が作られます。

まずは親の戸籍に入り、その後は一般的に、結婚する時に夫婦で新たに戸籍を作ります。

 

夫婦必ず同じ戸籍に入る必要があり、昔は同じ家系の血族であれば、1つの戸籍の中に複数の夫婦が入っていたのですが、現在は夫婦1組につき1つの戸籍を作ると決められています(世帯別で1つの戸籍が作られます)。

 

そのため、本籍地が同じだったとしても、結婚後は戸籍が新しく作られるので、生まれた時に入っていた戸籍と結婚した後の戸籍は異なります。

そして、相続においては、その方が載っている全ての戸籍を見なければ、確実に相続人全員を調べることができません。

戸籍は個人の都合による事情以外にも、法改正によって新しくなることがあるのですが、その場合、新たに作られる戸籍には、その一つ前の戸籍には記載されていた「離婚」「養子離縁」などの事項が省かれ、記載されていません

 

よって、もし離婚後に子供が相手側の戸籍に入った(相手側が親権をもった)場合、自分の新しい戸籍には子供がいたことが記載されていませんので、全ての戸籍を取り寄せなければその方に子供(相続人)がいたのかどうかを確認することができないのです。

ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

戸籍(戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本)がないと相続手続きはスタートできません。戸籍に関することや相続手続きで疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんので、まずは相談フォームからお気軽にご連絡ください。相続分野の専門家であるコンサルタントがお答えします。

どうぞ安心してご相談ください。

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

遺言書必要度診断

事例集

相続のご相談はこちら

メールでのご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。 

相続戸籍相談センター
(東京国際司法書士事務所)
司法書士 鈴木敏弘
所在:東京都中野区中野3-39-9
※要予約制。必ず事前にご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム

代表司法書士:鈴木敏弘
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

相続戸籍相談センターでは東京の中野区、杉並区等の東京23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも無料相談対応をしています。