戸籍の取得・調査・取り寄せ、相続人調査等の相続手続きに関するご相談なら
 

相続戸籍相談センター

【運営】東京国際司法書士事務所<JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続の相談受付中!

お気軽にご相談ください

相続に関する相談のみ受付中!

03-6382-6658

生前に推定相続人の調査は可能?

「生前に、自分の相続人がだれになるのか調査したい」

「今のうちに、親の相続人を確認しておきたい」

というご相談をいただくことがあります。

では、相続が発生する前、生前に相続人の調査をすることができるのでしょうか?

 

その答えは、

『できる場合と、できない場合があります』

なぜ、できる場合とできない場合があるのか。

それは、調査対象者がどういう関係性にあるのか、によるからです。

生前に「推定相続人の調査」をする場合、戸籍をたどって調査をすることになります。

生前なので、戸籍法によって決められた人しか対象となる戸籍の請求ができません。

「推定相続人の調査」を理由として戸籍の取得をする場合、直系親族の戸籍しか取得することができませんので、傍系親族が推定相続人になるようなケースの場合、直系親族でたどれるところまで戸籍を取得して、その後の調査は実際に相続が発生した後でないと取得する権利がありません。

※直系親族とは、両親、祖父母、曾祖父母等自分の上の世代や、子や孫等下の世代を指します。一方、傍系親族とは、兄弟姉妹や甥姪、叔父叔母等横のつながりを指します。

いくら兄弟姉妹とはいえ、結婚をして別の戸籍が作られている場合(同一戸籍に入っていない)、自由に戸籍の取得ができません。

推定相続人の調査が可能なケース

以下のようなケースでは推定相続人の確認が可能です

 子どもや孫等、直系卑属が推定相続人となるケース

 兄弟姉妹が未婚(親と同じ戸籍に入っている)ケース

子どもや孫等、直系卑属(下の世代)が推定相続人となるようなケースであれば、直系尊属となる親や祖父母からの請求で戸籍の請求が可能となります。そのため、そのようなケースでは推定相続人が誰になるのか、生前に確認することができます。

戸籍の請求者が傍系親族(推定相続人自身)となる場合は、上記のようなケースでも傍系にあたる親族の戸籍取得が難しくなります。請求者はかならず、直系尊属となる親や祖父母とするか、直系尊属から委任状をもらうなりして請求する必要があります。

推定相続人の調査が難しいケース

以下のようなケースでは推定相続人の調査は難しいです

 結婚している兄弟姉妹(直系親族の戸籍から出て行った方)や甥姪等、傍系親族が推定相続人となるケース

 二次相続が発生しているケース

兄弟姉妹でも、未婚で親と同じ戸籍に入っている兄弟姉妹の戸籍については、親の戸籍を取る時に自動的に表記されますので、傍系親族とはいえ、生前に戸籍を取得することは可能です。

ただし、結婚していたり、離婚をしていても親の戸籍に戻っていない兄弟姉妹、分籍した兄弟姉妹については、生前に戸籍を取得することが難しくなります。

また、複数相続が発生しているようなケースでは、関係性を証明することが難しくなりますので、戸籍の発行ができないと言われてしまうことも多くあります。

そのため、上記のようなケースでは、推定相続人の調査をするにも限りがあり、調査できる範囲で確認するほかないでしょう。

その場合は実際に相続が発生してからであれば、相続を理由として、傍系親族の戸籍も取得できる権利が生じますので、「同じ相続人という立場である」ということを戸籍等で証明し、戸籍を発行してもらうことになります。

現在、個人情報保護法の関係から、戸籍に記載された以外の方が請求する場合、戸籍に記載された本人に通知をしてから発行する、としている役所もあります。

自分では取得権利がないようなので、傍系親族の戸籍収集を専門家へ依頼して取得してもらいたいのですが?

私のおばは配偶者や子どもがいません。おばの姉となる私の親も他界していて私は推定相続人となりますが、ほかにどのような人が相続人となるのか生前に調査したいです。自分では取得するのが難しそうなので依頼できますか?

専門家へ依頼しても取得することができません。

推定相続人の調査はできる範囲に限りがあります。おば様の相続となると、傍系親族が調査対象となりますので、その場合はあなたの直系親族の戸籍を取得して、確認するのが限界です。直系親族の戸籍から出て行った後の戸籍は、実際におば様の相続が発生した後に取得権利が生じますので、その後にご依頼いただければ取得可能です。結局のところ、専門家へ依頼しても、自分で手続きしても、取得できるッ範囲は同じということです。

 実際、相続が発生した後、取得権利があっても、取得権利があることを証明できていないために、役所側から「交付できません」と言われるケースも多くあります。そのような場合には専門家へ依頼した方が、必要となる戸籍の収集はスムーズに終わるでしょう。

もし、推定相続人の調査をしたい、でも取得権利があるのか、自分では判断できない・・・

推定相続人の調査を依頼したいが可能なのか・・・

お悩みの方は、ぜひ一度、当事務所までお電話またはお問合せフォームよりご連絡ください。

ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

戸籍(戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本)がないと相続手続きはスタートできません。戸籍がなければ、法定相続人が何人いるかも確定できず、相続税申告の必要有無の判断もできません。法定相続情報一覧図の写しの交付申請もすることができません。相続に伴う戸籍に関すること、相続手続きで疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんので、まずは相談フォームからお気軽にご連絡ください。相続分野の専門家であるコンサルタントがお答えします。

どうぞ安心してご相談ください。

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

相続のご相談はこちら

メールでのご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。 

相続戸籍相談センター
(東京国際司法書士事務所)
司法書士 鈴木敏弘
所在:東京都中野区中野3-39-9
※要予約制。必ず事前にご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム

遺言書必要度診断

事例集

代表司法書士:鈴木敏弘
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

相続戸籍相談センターでは東京の中野区、杉並区等の東京23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも無料相談対応をしています。