戸籍の取得・調査・取り寄せ、相続人調査等の相続手続きに関するご相談なら
 

相続戸籍相談センター

【運営】東京国際司法書士事務所<JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続の相談受付中!

お気軽にご相談ください

相続に関する相談のみ受付中!

03-6382-6658

相談事例(進まない例)

ご相談事例のご紹介②

ここでは当事務所のお客さまのご相談事例をご紹介いたします。

お手続きが進まなくなってしまったケース

手続きが思うように進まなかった事例等、ご紹介します。

生前に一部の相続人のみ贈与を受けていた

相続が発生するまでは仲良しだと思っていたのに・・・というのはよくある話です。

被相続人:父

相続人:母、姉、妹の計3人

遺産:自宅となる不動産と預貯金

ご相談者様:妹となるお子様

 

生前、家族4人皆仲良く過ごしていましたが、父の相続が発生した途端、姉が「あなたは生前に贈与を受けたのだから遺産は放棄してくれ」と言いただしたのです、、とご相談に来られました。

 

【父が亡くなった後、不満が爆発】

姉は生前から、妹ばかりが親の援助を受けていると心の中では嫉妬していたようです。

海外留学や一人暮らし費用の援助、結婚資金、妹の子供への資金援助等、妹にばかりお金を渡していることを気にしていたのです。

その話を今になって持ち出され、相続権を放棄するように促されたようです。

 当事務所では、妹となるお子様からご相談をお受けしました。

お姉様としては、「妹は生前に様々な費用を工面してもらっているから相続分を放棄、またはその分相続分を減らすよう請求したい」という意向で、当事者同士の話し合いではまとまらず、結局は遺産分割調停(裁判)手続きへと移行することになりました。

相続が発生するまでは家族みな仲良し、と思っていても、心の奥底までは計り知れないものだ、ということを痛感したケースとなりました。

遺産が不動産しかない

長男だから、長女だから、という時代はもう終わったのかもしれません。

被相続人:母

相続人:子供3人(長男、長女、二女)

遺産:自宅となる不動産とわずかな預金

ご相談者様:長男

 

父が先に亡くなり、母が亡くなって、自宅は跡継ぎとなる長男である私がすべてを相続できるものと思っていました。

ところが、長女も二女も、「不動産を相続したいなら、その分私たちの相続分はお金で払ってほしい」と言い出したのです。

遺産となる預金は生前のうちに母の介護費用で使い果たしてしまい、長女や二女に分けられるような現金はありません。

 当事務所へは、ご長男の方がご相談にいらっしゃいました。

跡継ぎは自分だと小さい頃から自覚してきたのに、いざ相続が発生すると、妹達からまさかの現金要求があり、面食らってしまった様子でした。

自宅をいずれは相続するつもりでご長男は賃貸住宅に住んでいたので、不動産を売却するつもりもありませんでしたし、まさか自己資金を捻出しなければならないなんて予想もしなかったことでしょう。

結局はご長男が、退職後のために貯金してきた財産(自己資金)で、他の相続人様へ相続分を代償し、なんとか不動産は相続することができましたが、生前に故人様が遺言書をのこす等対策をきちんと行なうことができていれば、代償金額を減らすことができたり、親族間での紛争を避けることができた可能性も否めません。

     状況に応じた初動対応が肝心!!

上記はあくまで、実際にあったご相談事例の成功例となります。

同じような状況下であっても、最初の手続きの進め方次第で、うまく進んでいくケースと、なかなか進まず裁判で解決しなければならなくなるケースと様々です。

「できるだけ自分で」と進められる方もいらっしゃいますが、依頼する場合は手遅れになる前に、、、なるべくお早めに、専門家へ相談されることをおすすめします!

ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

戸籍(戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本)がないと相続手続きはスタートできません。戸籍がなければ、法定相続人が何人いるかも確定できず、相続税申告の必要有無の判断もできません。法定相続情報一覧図の写しの交付申請もすることができません。相続に伴う戸籍に関すること、相続手続きで疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんので、まずは相談フォームからお気軽にご連絡ください。相続分野の専門家であるコンサルタントがお答えします。

どうぞ安心してご相談ください。

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

相続のご相談はこちら

メールでのご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。 

相続戸籍相談センター
(東京国際司法書士事務所)
司法書士 鈴木敏弘
所在:東京都中野区中野3-39-9
※要予約制。必ず事前にご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム

遺言書必要度診断

事例集

代表司法書士:鈴木敏弘
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

相続戸籍相談センターでは東京の中野区、杉並区等の東京23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも無料相談対応をしています。