戸籍の取得・調査・取り寄せ、相続人調査等の相続手続きに関するご相談なら
 

相続戸籍相談センター

【運営】東京国際司法書士事務所<JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続の相談受付中!

お気軽にご相談ください

相続に関する相談のみ受付中!

03-6382-6658

遺言でできること
(相続、遺言、生前対策メールマガジン)

メールマガジンバックナンバー(2019年3月26日)

遺言書とは、親族にのこす最後のお手紙です。

お手紙と言っても、

自分の財産の承継方法を指定するもので、

法的要件がきちんと整っているものであれば、

立派な「遺言書」となりますし、

整っていなければ単なる「お手紙」で終わってしまいます。


遺言で指定できることも多くあるのはご存知でしょうか。

 

ざっくり主な事項を並べると以下のとおりです。

・遺産を相続(遺贈)する人や分配方法の指定

・遺言執行者(遺言内容を実行するための人)の指定

・祭祀承継者の指定

・保険金の指定受取人の変更

・遺産分割の禁止

・相続人廃除または取り消し

・遺留分減殺方法の指定

・子どもの認知

・未成年者である子どもの後見人の指定


遺産の承継方法を指定することができるのは、

多くの皆さんがご存知のことかと思いますが、

上記のとおり様々な内容の指定が遺言でできてしまいます。

 

また、遺言には「付言事項」といって、上記内容を記載した詳しい理由を書いたり、

上記指定に関する詳しい希望も書いたりことができます。


たとえば、

「これまで長年、長男には援助をしてきました。

 その金額は数千万円に及び、長男の遺留分は優に超える金額です。

 そのため、私ののこす遺産はすべて長女に相続させることとしました。」


「私には子供がいませんが、甥の●には生前大変お世話になりました。

 そのため、私のすべての遺産は甥の●にのこすことにしました。

 私の葬儀は親族葬で簡易なものとし、遺骨は散骨を希望します。」


ちなみに、遺言を書いた後で、やっぱり変更したいという場合もあるでしょう。

その場合は、作り直すことで何度でも内容の変更ができます。

 

ただし、ご注意いただきたい点があります。

遺言を作り直す場合は、原則としてすべてを一から書き直す方がベターということです。

また、私が実際にあったことなのですが、

遺言が2つ出てきて、どちらも同じ日付が書かれていた場合、

どちらの遺言も使えなくなる可能性があるということです。


同日に遺言を作り直す場合、どちらが最後に書いたものなのか、

後日発見した人は判別がつきません。

また裁判になった時にも、どちらが最後に書かれたものなのか判定することが難しく、

どちらも内容を上書き(重複)している場合は、

いずれの遺言も有効ではないとみなされる可能性があります。


そのため、前に自筆で用意した遺言はかならず破棄する、

公正証書遺言で作成していた場合は、新たな遺言も公正証書で作成する、

ということです。


また、一時的な感情で遺言をのこすと、

逆に遺言をのこしていない場合よりも揉めてしまうケースがあります。

そのため、遺言をのこす際は、

冷静に、法的に問題がないことや遺留分等考慮しながら作成するようにしてください。


様々なことを考慮していくのは、一般の方には難しいことに思えるかと思います。

そのような場合、私のような相続の専門家へ一度ご相談ください。

専門家にご相談いただくことで、

法的にも有効で、より確実な自身の意志をのこすことが可能となります。

相続戸籍相談センターのサービス案内

一般的には手間のかかってしまう戸籍の収集、相続人の調査、相続関係図の作成をまとめて代行することが可能です。

詳しくはこちら

はじめての相続なので何をしたらいいのか分からない?誰にどんな相談をしたらいいのか分からない?

こんなご質問がありましたらお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

大切な家族へ贈る未来へつなぐエンディングノートです。

ご家族はあなたのことをすべて知っていますか?

詳しくはこちら

ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

戸籍(戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本)がないと相続手続きはスタートできません。戸籍がなければ、法定相続人が何人いるかも確定できず、相続税申告の必要有無の判断もできません。法定相続情報一覧図の写しの交付申請もすることができません。相続に伴う戸籍に関すること、相続手続きで疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんので、まずは相談フォームからお気軽にご連絡ください。相続分野の専門家であるコンサルタントがお答えします。

どうぞ安心してご相談ください。

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

相続のご相談はこちら

メールでのご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。 

相続戸籍相談センター
(東京国際司法書士事務所)
司法書士 鈴木敏弘
所在:東京都中野区中野3-39-9
※要予約制。必ず事前にご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム

遺言書必要度診断

事例集

代表司法書士:鈴木敏弘
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

相続戸籍相談センターでは東京の中野区、杉並区等の東京23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも無料相談対応をしています。